スポンサードリンク


第34回フェブラリーステークスの最終予想と買い目

2017年2月18日

G1予想記事

1回東京8日
 第34回フェブラリーステークス(G1)  ダート  1600M

1枠01番サウンドトゥルー   柴田善臣   高木登
1枠02番ホワイトフーガ    蛯名正義   高木登
2枠03番ゴールドドリーム   M.デムーロ 平田修
2枠04番コパノリッキー    武豊     村山明
3枠05番アスカノロマン    和田竜二   川村禎彦
3枠06番モーニン       R.ムーア  石坂正
4枠07番ブライトライン    石橋脩    鮫島一歩
4枠08番デニムアンドルビー  内田博幸   角居勝彦
5枠09番ベストウォーリア   戸崎圭太   石坂正
5枠10番カフジテイク     津村明秀   湯窪幸雄
6枠11番ノンコノユメ     C.ルメール 加藤征弘
6枠12番ニシケンモノノフ   横山典弘   庄野靖志
7枠13番エイシンバッケン   岩田康誠   中尾秀正
7枠14番キングズガード    藤岡佑介   寺島良
8枠15番ケイティブレイブ   幸英明    目野哲也
8枠16番インカンテーション  藤岡康太   羽月友彦

いよいよ今年もG1レースの季節がやってきましたね。
とりあえず、今年初のG1なので今後の流れを見るためにも、
ここは様子見程度に軽~くいきたいと思います。
年男は騎手では蛯名正義と武豊、調教師は寺島良の3人ですね。

さて、このレースの出馬表を見て気になるは・・・。

 2枠03番ゴールドドリーム     父馬:ゴールドアリュール
 2枠04番コパノリッキー  山明 父馬:ゴールドアリュール
 3枠05番アスカノロマン  川禎彦
 3枠06番モーニン

2枠03番と04番の父馬「ゴールドアリュール」が仲良く同居してます。
2枠04番と3枠05番の調教師名「」が隣り合わせの接触状態です。
03年の優勝馬であるゴールドアリュールの訃報が届いた翌日に
その産駒2頭が2枠に仲良く同居っていう不思議・・・。
ここは黙って2枠2頭を選択するしかないかな。
念のために昨年の優勝馬の3枠06番モーニンも押さえておこう。
次にいきます。

 1枠01番サウンドトゥルー 高木登
 1枠02番ホワイトフーガ  高木登

1枠01番と02番の調教師名「高木登」が仲良く同居してます。
1枠に1枠02番の馬名「ホワイト」もプラス材料だろう。
この1枠からは牝馬の1枠02番ホワイトフーガを選択してみる。
次にいきます。

 6枠11番ノンコノユメ
 6枠12番ニシケンモノノフ
 7枠13番エイシンバッケン
 7枠14番キングズガード   藤岡佑介
 8枠15番ケイティブレイブ
 8枠16番インカンテーション 藤岡康太

6枠12番と7枠13番の馬名「ケン」が隣り合わせの接触状態です。
7枠14番と8枠16番の騎手名「藤岡」が8枠15番をサンドイッチ。
こちらは7枠13番エイシンバッケンを狙ってみよう。

あとは5枠09番ベストウォーリアでいいだろう。

こんなところです。

このレースは枠連馬連3連複でいこうと思います。

買い目は以下の通り。

枠連  2-2、2-7  2点

馬連  03-06、03-09、06-13  3点

3連複 1頭軸流し(相手5頭)
  06- 02、03、04、09、13  10点

合計15点です。

小倉大賞典は見送ります・・・ではまた。

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ

スポンサードリンク