スポンサードリンク


第62回大阪杯の最終予想と買い目

2018年3月31日

G1予想記事

2回阪神4日
 第62回大阪杯(G1)  芝  2000M

1枠01番ミッキースワロー  横山典弘   菊沢隆徳
1枠02番サトノダイヤモンド 戸崎圭太   池江泰寿
2枠03番ヤマカツエース   池添謙一   池添兼雄
2枠04番シュヴァルグラン  三浦皇成   友道康夫
3枠05番ペルシアンナイト  福永祐一   池江泰寿
3枠06番スマートレイアー  四位洋文   大久保龍志
4枠07番ゴールドアクター  吉田隼人   中川公成
4枠08番アルアイン     川田将雅   池江泰寿
5枠09番トリオンフ     田辺裕信   須貝尚介
5枠10番サトノノブレス   幸英明    池江泰寿
6枠11番ウインブライト   松岡正海   畠山吉宏
6枠12番ヤマカツライデン  酒井学    池添兼雄
7枠13番マサハヤドリーム  北村友一   今野貞一
7枠14番ダンビュライト   浜中俊    音無秀孝
8枠15番スワーヴリチャード M.デムーロ 庄野靖志
8枠16番メートルダール   松山弘平   戸田博文

スポンサードリンク

今回は去年からG1に格上げされた大阪杯です。
表彰式プレゼンターは間寛平さんとお笑いコンビの和牛。
 間寛平 1949年7月20日生 高知県出身
本名 間重美(はざましげみ)
和牛?勝つのは日本人ジョッキーなのか?

高知県出身:中川公成
年男は調教師の菊沢隆徳庄野靖志の2人です。

さて、このレースの出馬表を見て気になるは・・・。

 8枠15番スワーヴリチャード     庄野靖志
 8枠16番メートルダール  松弘平
 1枠01番ミッキースワロー 横典弘 菊沢隆徳
 1枠02番サトノダイヤモンド     江泰寿
 2枠03番ヤマカツエース  池添謙 添兼雄
 2枠04番シュヴァルグラン           父馬:ハーツクライ
 3枠05番ペルシアンナイト 福永祐 江泰寿 父馬:ハービンジャー
 3枠06番マートレイアー         父馬:ディープインパクト
 4枠07番ゴールドアクター    中川公成
 4枠08番アルアイン       池江泰寿 父馬:ディープインパクト
 5枠09番トリオンフ
 5枠10番サトノノブレス     池江泰寿
 6枠11番ウインブライ
 6枠12番ヤマカツライデン    添兼雄
 7枠13番マサハヤドリーム
 7枠14番ダンビュライ

8枠15番と16番の馬名「ードート)」が仲良く同居してます。
8枠16番と1枠01番の騎手名「」が隣り合わせの接触状態です。
1枠01番と2枠03番の馬名「ース」が1枠02番をサンドイッチ。
1枠02番と2枠03番の調教師名「」が隣り合わせの接触状態です。
2枠03番と3枠05番の騎手名「」と、
調教師名「」が2枠04番をサンドイッチしてます。
2枠04番と3枠05番の父馬名「ハー」が隣り合わせの接触状態です。
3枠06番の馬名頭が「」なのであかさたな作戦での狙い目です。
3枠06番と4枠08番の父馬「ディープインパクト」が4枠07番をサンドイッチ。
4枠08番と5枠10番の調教師「池江泰寿」が5枠09番をサンドイッチ。
5枠10番と7枠13番の調教師名「」が6枠11番をサンドイッチ。
6枠11番と12番の馬名「ライ」が仲良く同居してます。
6枠12番と7枠14番を馬名「ライ」が7枠13番をサンドイッチ。
ここから1枠01番ミッキースワロー、2枠04番シュヴァルグラン、
4枠07番ゴールドアクター、5枠09番トリオンフ、6枠12番ヤマカツライデン、
8枠15番スワーヴリチャードの6頭を選択してみたい。

こんなところです。

このレースは枠連ワイド馬連3連複でいこうと思います。

買い目は以下の通り。
スポンサードリンク

枠連  1-6、4-6  2点

ワイド 01-12、07-12、12-15  3点

馬連  01-04、01-07、04-07  3点

3連複 1頭軸流し(相手5頭)
  01- 04、07、09、12、15  10点

合計18点です。

中山メインは見送ります・・・ではまた。

  にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ

スポンサードリンク